gently

gentlyは紳士のような穏やかさを持った優しく生きる大人の男性のウェブサイト

ファッション

春だから爽やかに♡香水をマスターしよう

投稿日:

世の中の男性はどれくらい香水を付けていますでしょうか??日本だと半分も付けていないそう。海外だと当たり前のようにほぼほぼ100%なんですけどね。つけ方を間違っちゃうとすごくキツくなって、特に女性は香水臭いオトコは嫌いなもの。そこで間違えない香水のつけ方をご紹介しましょう。

香水の種類とは??

香水女子

そもそも香水っていくつかに分けられるのはご存知でしょうか??主に香水には「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」と分類されます。外箱に書いてあることがほとんどなので、確認してみましょう。「パルファム」とは香りの主成分を15%~30%ほど含み、この中では1番強く長く香るものを指します。なかには50%以上のものもあり、8時間から12時間ほど持続するものも。

「オードパルファム」は成分が8%~15%、「オードトワレ」は5%~8%、「オーデコロン」は2%~5%ほど。わかりやすく言うとレディス香水は「オードパルファム」、メンズ香水は「オードトワレ」が多いんですね。なので男性は「オードトワレ」くらいが1番使いやすいでしょう。日常使いはピッタリです。また「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」と香りも三段階あります。付けた直後からの香りの変化を表すものですが、トップノートとラストノートで雰囲気も変わる為、知っておいた方がいいでしょう。

つけ方、つける場所は??

フレグランス初心者の方は腰あたりにワンプッシュが基本です。香りは下から上に立ち込めてきます。その為、腰にワンプッシュだけでも程よく香ります。慣れてきたら手首にワンプッシュ→両手首をこすり合わせて首に付けるというベタなつけ方にするといいでしょう。

何度も言いますが、下から上に立ち込めるので香りをキツく感じる方もいますし、酔う方もいますのでご注意を。香水は動脈に付けると匂いが立ちやすくなりますので、手首や首に付けます。匂いがキツく、直接はイヤだと言う方は上空にアーチを描くように振って下さい。その下にいれば自然なレベルで香りを纏うことが出来ます。

香りの種類と持続性は??

香りにも種類があります。爽やかなシトラス系やフルーツ系などは持続時間が短めなので、香りが気になるようなら付け直してもいいでしょう。長く続くのはウッディー系、ムスク系などのいわゆるセクシーな香り。ミドルノート〜ラストノートでも雰囲気満点の香りを楽しめますよ。

春にオススメ!女性のタイプ別、モテフレグランス♡

ここでは定番の香水は外してお話しますね。これまで数十本は付けてきた私の経験の中から、最も女性ウケが良かったのは《キャロライナヘレラ》の《212》というフレグランス。ウッディー系の香りですが、キツくなく朝からでも付けられるフレグランスです。ただ、男性経験の少ない方には刺激があるのかウケはイマイチでした。そんな方にウケるのは《ライオンハート》。爽やかなのにその奥には少しムスクの香りがする…そんな奥深いフレグランス。レディス用の《エンジェルハート》とお揃いで付けるのもアリですね。

-ファッション
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海デート

海岸デートの鉄板コーデ!リネンシャツを活かして♡

女性が春夏…特に春に男の子と歩きたい場所ランキングの上位にいつもいるのが海岸。夏になると、波の高いところではサーフィンを楽しんでいる方も増えますし、平場では海水浴をする人も増えてきます。基本的にこれら …

もはや常識!?ナイキのハイテクスニーカー!

足元のオシャレにナイキのハイテクスニーカーはどうですか? オシャレは足元から。大昔から言われてきたことですが、昨今変わってきたのはいわゆるハズしのテクニック。プロ野球・巨人の坂本勇人内野手なんかはスー …

春服パーカーでデート

爽やか男子必須!春アウターを着よう!

男子諸君、春先のファッション楽しめてますか? 今も昔もオシャレに興味のない人は「春と秋は端境期(ハザカイキ)だから兼用できるでしょ!」と言います。パーカーとか羽織って季節が過ぎるのを待っていればいいん …

ブレス

春服はもう揃えた??プラスワンのモテ小物を足そう♡

そろそろ気温も上がってきて、朝晩の冷え込みが弱まってきたら春本番ですね〜。とはいえ服屋さんはもう1ヶ月も前から春物の売り出し中。暖かくなったら買い始める方もいればもう揃いつつ方もいますかね??せっかく …

遊園地デート

春のテーマパークデートではスウェットで行こう

ここ数日間の間にコートを羽織ったり脱いだりと、季節の変わり目であることは確かな日々どうお過ごしでしょうか。春本番、春到来などあれよあれよとテレビで流れる春の文字には心の躍動を覚えます。「春めいてきた」 …