gently

gentlyは紳士のような穏やかさを持った優しく生きる大人の男性のウェブサイト

筋トレ

冬は基礎代謝が高くなり筋トレが捗る時期だった

投稿日:

筋トレが捗るのは冬、基礎代謝が高くなり一日に体が消費するカロリーが多くなるだけでなくモチベーションにも差がでます。冬に筋トレをはかどらせるコツで寒い時期の筋トレを楽しみましょう!

冬筋トレでどデカイ身体をつくる方法

人間は夏に比べ、冬の方が多くのエネルギーを使います。寒さに耐えるために体温を維持させるために基礎代謝が高くなります。基礎代謝が高くなるということは消費するカロリーが多くなり、余分な体脂肪になりにくいのです。肉体改造にはバッチリの時期といっても過言ではないでしょう。

夏までに完ぺきな身体を作り上げる為には冬時期から準備するのが筋トレ界ではセオリーです。あなたの周りにいるマッスルな方々はみんな冬から身体を鍛えあげています。それだけ自分に厳しい方々なのですね。冬筋トレを始めようという初心者の方にまずは気をつけていただきたい筋トレの始め方についてお話致します。

冬筋トレで初心者が気をつけなければならない事

気温や室温が低い心臓にかなりの負担をかけることになり、最悪の場合健康の為に行っている筋トレが思わぬ事故につながることもございます。

寒い場所で運動をすると、手足などで冷やされた血液が心臓にたくさん流れ込む事になり、これが心臓に大きな負担を与えて麻痺を引き起こすわけです。
血液の流れに関係しているわけですから、激しい運動をすればするほど危険は増す事になります。

肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

このような事が起こらない為にも、筋トレ初心者は暖かい場所でゆっくりとトレーニングを始めることが大切です。室内だからといっても暖房のついてないプレハブのような場所では外の気温とほとんど変わらないこともあります。自宅筋トレの場合も同様に、室温には気をつけて下さい。初心者はスポーツジムに通うというのも一つの手です。

冬は腹が減る、だからこそ筋量増加のチャンス

筋量増加はトレーニング界ではバルクアップといいます。何よりも身体を大きくすることは冬の方が行い易いです。筋肉をつけるためには主に筋トレと食事が重要です。あるボディビルダーの方とお話している際に「冬はどんどん食べて筋肉でかくしろ、体脂肪は冬やから服着てるしわからへんやと」と。

薄着になり体脂肪が見た目にわかるタイミングは少ないので、夏に向けてバッキバキの身体を目指す方からするととても重要な時期と考えれるでしょう。トレーニングしている者にとって冬は誘惑の多い時期だと思います。その誘惑を気にするのではなく、それを消費するだけのトレーニングを行えば筋肉は答えてくれるのですね。

炭水化物とタンパク質がちょうど良く摂れる時期ですので、冬は食事も楽しみながらトレーニングを楽しむべきでしょう。忘年会も気にせず楽しみ、たっぷり食べて次の日のトレーニングのモチベーションにしてしまいましょう。

冬はトレーニングしてる人が少し減る

真のトレーニング愛好者は、時期など関係なくトレーニングを行います。年中トレーニングをしている人と、夏前だけトレーニングをしている人、その違いは冬にあります。冬にしっかりと筋肉をつけることで夏に仕上がる身体は大きく差がでます。

冬にモチベーションを保つコツ

冬に汗だくで懸垂の図

どれだけトレーニングを続けている人でも、冬はやはり開始するまでの心の準備がなかなかできないはずです。某キックボクシング団体の元全日本ランカーOさんに冬にトレーニングを行うコツについて聞きました。

「誰もやってへん冬にしっかりやることで誰よりも強くなれる気がするやろ、ロシア人も強いし。走るだけじゃなく、筋トレだけで湯気出てる自分見てみ。強いやろ」

さすがOさん、男らしい回答を頂きました。寒さでトレーニングを躊躇してしまうことはあっても、誰かに勝つには一時も気を抜いてはいけないということですね。

冬の独特のシャフトの冷たさは、あなたの手によく馴染みます。しっかりと筋繊維に刻まれたトレーニングでのダメージは夏に他人と差をつけるでしょう。冬に時期にしっかりと栄養を摂るには、プロテインでのタンパク質補給もオススメです。あなたは今年の冬筋トレは、どの部位を重点的に鍛えられるでしょうか。私はもちろん、上腕三頭筋です。

-筋トレ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした