gently

gentlyは紳士のような穏やかさを持った優しく生きる大人の男性のウェブサイト

ファッション

春夏の必需品!ちょいワルオヤジに学ぶデッキシューズの履き方

投稿日:

素足で履こう!春夏の気分が盛り上がるシューズNO.1!

「オシャレは足元から」スニーカーのところでも言いましたが、ファッションの基本的な部分ですよね。春夏のアイコンとも言うべきシューズがデッキシューズです。レザー、キャンパスなど素材も広く、年齢層も広く履けるのが特徴です。

デッキシューズとは??

デッキシューズとは、もともとヨットやボートなど船の甲板(デッキ)で使用するためのシューズです。デッキシューズには、水に濡れているのが当たり前の甲板でも滑らないような工夫が施されています。本来は、滑りやすい船のデッキで船乗りの命を守る為に作られたシューズなんです。

デッキシューズとその他のシューズの最大の違いはアウトソールです。アウトソールとはそのまま、ソールの外側の事を指します。ソールとデッキの間にある水を効率よく排出することで、乾いた状態と変わらないグリップ力を発揮するように、アウトソールには切れ込みや波形が刻まれてるのが特徴です。アウトソールで注目して欲しいのがラバーの柔らかさです。デッキシューズのソールに使われるラバーは、その他のシューズに比べて凄く柔らかいものが使われます。それは言うまでもなくグリップ力を高めるためです。どれほど優れたソールパターンを持っていても、固いラバーのソールでは当然の事ながら滑るのでグリップしてくれません。何よりも大切なのがソールの柔らかさなのです。

しかし、柔らかいソールはアスファルトなどの上では減りが早くなってしまいます。あくまでも「デッキ」上で最大限に性能を発揮するように作られているのがデッキシューズなのです。

合わせ方にも個性あり。最近の流行とは??

デッキシューズの基本的かつ絶対に守らないといけないルールは素足か、カバーソックス(ベリーショートソックス)で履くことです。ロングソックスなどを合わせてしまうと一気に小学生のような見え方になってしまいます。またフルレングスのボトムと合わせる時はロールアップが必須。くるぶしが見えるくらいが目安で、クルクルっとロールアップして軽快に♪

コーディネートとしてはボーダー、リネン シャツなど”海”や”風”を感じさせるようなものとは相性抜群です。ボーダーにデッキシューズだと可愛くなりすぎるという意見もありますが、その場合はカーゴパンツなどと合わせるとグッと大人っぽいコーディネートになります。

またデニムシャツが持つ武骨な雰囲気と合わせてもいいでしょう。その場合はチノパンなどと合わせて、より男らしい雰囲気に仕立てるとカッコいいですね。

また、前回少しお話した綿麻のジャケットやトレンチコートなどとも相性は抜群。中に白シャツを入れて、淡い色目のデニムに合わせるとビジネススタイリングのハズしにもってこいです。

この様に幅広い用途に使えるデッキシューズ♡是非、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか??

-ファッション
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペアルックカップル

雰囲気抜群!現代ペアルックするなら色は「カーキ」

ペアルック再来? 1980年代くらいに流行ったペアルックを2015年にもなって同じことをしてる人はほぼいないでしょう。もしあの時代のペアルックをされているカップルがいたとしても傍目からはいい解釈がされ …

ぱっと見アウター

20代/30代の通勤服の正解はブラックアウター!

スーツ派?カジュアル派? 毎朝毎晩寒い中の出勤、体温調整が主な用途とはいえやっぱりカッコよくキメたいのが通勤服のアウター。かといってダウンじゃカジュアルすぎるし、どっちかと言えば少しカチッとしといた方 …

春の恋、突然

出会いの春。スベらないコーデとは?

春には出会いが多いです、なぜなら節目の季節だからです。入社・入学・進級・部署異動など節目の季節でもあり、状況が変わるということは新たに女性と出会うこともあるかもしれません。印象のいい身だしなみをして新 …

彼女に合わせたコーデ

女性のコーデを知る事でわかるデート服!春服攻略への道!

男たるものやはり女性の目線は気になるものではないですか? 好きな子や彼女だけではなく、女性の友達や彼女の友人からも「今日のあなたオシャレだね」とか「センスのいい彼氏だね」って言われてみたいのが理想じゃ …

バブアー

一生モノのブルゾン・靴のご提案

好みはあれど流行りはあれど。。。?? 毎年毎年、レディスほどではないけどトレンドが出ては消えるのがファッション。メンズはもう数十年、大きな変化はなくトラッドな着こなしが主流です。そんな中でも愛され続け …