gently

gentlyは紳士のような穏やかさを持った優しく生きる大人の男性のウェブサイト

ライフスタイル

カッコいいと思う人はここが違った!誰だってカッコよくなれる!

投稿日:

街中で見かけた渋いおじさんや、流行を意識しながら自分流で着こなす学生さん、そんなにオシャレじゃないはずなのにカッコよく見えるお兄さん。男なら同じ男として肌で「この人カッコいいな」って感じるものだし憧れを抱きます。当然異性にも好かれたいけど、同じくらい同性が付いてきてくれるのもそれはそれで嬉しいものではないですか?男から見てもカッコイイ彼らは何が違うんでしょうか…?

雰囲気イケメンになるコツはこれ

最近、よく耳にするワードが雰囲気イケメン。要するにルックスやスタイルがいいワケではないのにイケメンに感じる方を指す言葉のようです。

個人的には少しいい言葉には捉えにくいのですが聞く機会が増えてきたように感じますのでこのまま使います。芸能人で例えると…って失礼にしかならないですね(笑)雰囲気イケメンに共通するのは二つの事柄。

「自分に対する自信」と「他人の評価を受け入れる度量」です。これが他人を惹きつける雰囲気を作っています。

自信があるないというよりも…

「自分に対する自信」って言うのは何もポジティブな意味だけじゃないんです。

例えば、雰囲気イケメンの方に自分に自信ありますか?と聞きますと大概は「いえ、ないです」との答えが返ってくるでしょう。そういう方は、「自分に自信がないから、とにかく手を抜かない・とにかく最後までやり抜く」ことには自信を持っています。言い換えると自分の信念には自信を持っているのです。

そこがとても大事。間違って「自分のやり方」に自信を持ってしまうと大惨事。仕事も社会も「自分のやり方」など存在しませんし通用しません。昔と違って、世の中に起きる事や流れはすごいスピードで変わっていきます。それにいつも適切なやり方を持っている人などいるはずがないのです。成長し、そのスピードに適応しながら見つけていくものですから。

そんな世の中なのに自分に自信を持っていると堂々という方もいます。だけど周りの方はその方に対して、そういう評価は下しません。それは自信ではなく過信だからです。そこを履き違えないのがカッコいいなと思わせる雰囲気を作るのです。

他人の評価は本当の自分。オトコとしての価値です。

よくこういう方がいます。「会社の上司に凄く認められてるんだよね。なんか俺がいないとやっぱり困るみたいでさ。」

言葉は違えど自信満々に話されている方とお会いした経験がありませんか??こういった表現をされる方はほぼほぼ確実に自分にとって耳触りのいい、甘い言葉だけを拾う人です。よって評価が下がった時には「前と言っている事が違う!ちゃんと見てくれよ!」などと言って上司のせいや社会のせいにします。

他人の評価を受け入れる度量と言うのは、言い方を変えると言葉の本質を見抜けるかどうかということです。良い時も悪い時も他人は自分を冷静にジャッジします。良い時は何がいいのか?悪い時は何が悪いのか?そこを見付ける目を持っていれば、甘い言葉に流されるような事は起こりえません。

いつも自分を客観的に、向上心を持って取り組める人は周りから見ると大人のオトコの雰囲気が滲み出てます。それが他人から見たオトコの価値。

価値のある人になろう。

上記に挙げた2つだけではありませんが、内面から出るものはとても大事なこと。そういう方には人が集まりますしお金も集まります。

もっともっと自分を磨いて、大人のオトコを目指していきましょう。

-ライフスタイル
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男のスキンケアは洗顔

差がつけられるポイントはコスメ!?男の肌ケアが今や必要な時代

スキンケアは女のする事は時代遅れ スキンケアって聞くと抵抗のある人かピンと来ない人が大半だと思います。そりゃそうでしょう、やはり女性のする事って印象が強いですよね。 どーやってもここの部分は覆せる事は …

電車とホームの間

携帯がホームに落下したら?

電車に慌てて乗る機会、サラリーマンならどうしても多くなってしまいがちではないでしょうか?今回はもしも駅のホームに携帯電話を落とした時にどうすればいいかをご紹介しますのでそんな時に思い出して頂きたい内容 …